WEB見積・お問い合わせ

【書き起こしと文字起こしの違いとは?】

書き起こしと文字起こしの違い

書き起こしと文字起こしは、どちらも音声を文字に起こすことを目的としていますが、その方法や目的に違いがあります。 p>

書き起こしたとは?

書き起こしは、手書きの文書をキレイにタイプした形式の文章に直したことを指します。主に、手書きの原稿をデジタルデータにする例えば、手書きの原稿をタイプライターやパソコンで文字入力する場合には、書き起こしの作業が必要になります。

書き起こしは、文字起こしと比較し て、原稿が手書きの場合に制限されるため、対象となるデータが限定的です。また、原稿の文字の大きさや書き方によっては、正確な書き起こしには時間がかかる場合があります。

文字起こしとは?

文字起こしは、音声を文字に起こすことを指します。主に、講演やセミナー、会議などの音声データを文字に変換するために行われます

文字戻りには、以下の3つの種類があります。

素戻り

素戻りは、音声
データをそのまま文字に起こすことを基本的に、発言内容や発言者の違い
などを含めた修正は行われません。

ケバ取りは、素組みの後に、文書の整形を行う作業です。

文字整形

文字整形は、文書の構成を整理して、より分かりやすい文章に仕上げる作業です。 p>

しかし、これらの作業を自分で行うことは非常に手間がかかり、時間がかかります。 そこで、文字起こし代行.comでは、書き起こしや文字起こしなど、さまざまなテキスト処理に対応しています。専門のスタッフが高速で正確な処理を行い、お客様の負担を軽減します。

書き起こしは、手書きの文書をデータ化する作業であり、文字起こしは、音声や映像の内容を文字に変換する作業です。書き起こしは、手書きの原稿を電子データ化するため、手書きの書類をデジタル化する必要がある場合に便利です。 一方、文字録音は、録音や動画で収録された内容を文字に変換するため、インタビューや講演、会議などの音声データを文字に変換するために使用されます。

文字取り代行.comでは、書き取りや文字取りに加えて、議事録作成、ケバ取り、素取りなど、さまざまなテキスト処理に対応しています。また、お客様のニーズに合わせた柔軟な対応や、高品質かつ迅速なサービスを提供することをモットーとしています。多くのお客様から高い評価を得ており、お客様の声や口コミにも定評があります。

書き起こしや文字起こしなどのテキスト処理は、手間のかかる作業であり、時間がかかります。お気軽にお問い合わせください。

文字起こし

料金目安

議事録

作成目安