WEB見積・お問い合わせ

ケバ取り整文について

ケバ取り整文について

ケバい文書とは、敬体や堅苦しさが過剰で読みにくいものを指します。こうした文書を分かりやすくするため、ケバ取り整文という作業が行われます。具体的には、敬体表現や堅苦しい言い回しを簡略化し、丁寧かつ分かりやすい文に直す作業を指します。これにより、文書の読みやすさが向上するだけでなく、読み手に与える印象も良くなるとされています。

文字起こし代行.comでは、ケバ取り整文にも対応しており、より分かりやすく、使いやすい文書に仕上げることができます。

ケバ取りとは?

ケバ取りとは?

「ケバ取り」とは、文章やテキストの中から余分な言葉や表現を取り除き、簡潔で読みやすい文にする作業のことを指します。例えば、冗長な表現や言い回し、重複した情報、不必要な修飾語や副詞などを取り除いたり、同義語や類義語を統一したりすることで、読み手にとって理解しやすい文章にすることができます。

ケバ取りは、文章を簡潔で明確なものにするために、多くの編集やライティング作業で行われる重要な作業の一つとされています。

このような方が一般的にケバ取り整文されています

このような方が一般的にケバ取り整文されています

一般的には文章校正や編集などを行うライティング業界や出版業界で行われることが多い作業です。そのため、ライティング業界や出版社、編集プロダクション、広告代理店などがケバ取りの代行サービスを提供しています。

また、最近では、ネット上でブログやSNSなどの文章を公開する方々も、自分の文章をより正確かつ読みやすくするために、ケバ取りの代行サービスを利用することが増えています。

活用事例

ビジネスメール

例えば、顧客に対する返信メールで、敬語や正式な表現を使い過ぎている場合です。ビジネスメールにはある程度のフォーマルな表現が必要ですが、敬語や正式な表現が多すぎると、相手に不快感を与えてしまうことがあります。

学術論文

学術論文では、正確かつ専門的な表現が求められますが、それが過剰になると、読みにくくなってしまいます。また、必要以上に長い文や冗長な表現を使うことで、本来の意図が伝わりにくくなることがあります。

広告・宣伝文

広告・宣伝文には、訴求力を高めるために、誇張や演出的な表現が多用されることがあります。しかし、その度が過ぎると、信憑性が低くなり、逆効果となることがあります。

以上のように、ケバい文書の事例としては、ビジネスメールや学術論文、広告・宣伝文など、様々な文書が挙げられます。

文字起こし

料金目安

議事録

作成目安